震災で消えた小さな命展2 


絵本学校の授業の前に、絵画展を観てきました。

絵本作家どいかやさんのブログの中で紹介されてて、
神戸にきたら絶対絶対行こうと決めていた、

東日本大震災復興支援チャリティー
「震災で消えた小さな命展 2」

震災で消えた小さな命展 2

100点ちかくの絵が飾られていました。

テーマは、『人も動物もみんな同じ命』

依頼された方からのお手紙も展示されていて、
それを読むともうもう・・・涙が止まらない。

主催された絵本作家、うささんと少しお話をしました。

もしも人間だったら、ここに飾られた子たちの中の、
きっと半分以上は生き残っていたはず、と。

けれど決して悲しいだけの、暗い展覧会ではないですよ。

震災で大切な子を亡くされたご家族の想いを受け止め、
作家の方々が心を込めて描かれた動物たちの絵は、
幸せそうで、かわいくて楽しくて、優しくて。
とても温かい気持ちになれました。
本当に素敵な絵画展でしたよ^^

好きな絵本・童話作家さん達の原画が観られて、嬉しかった~。


2013年3月13日(水)~3月19日(火)
兵庫県神戸市/大丸神戸店7階美術画廊
時間: 10:00~20:00(最終日は17:00まで)
入館料:無料
※今後も各地で巡回展示されます。

ソフィーからお花と笑顔

すぐそばにある笑顔、幸せを今日も噛みしめよう。


あ。観に行かれる方は、タオル持参で行ってくださいね~。ヽ(*´□`*)ッ
ワタシは涙と鼻水でハンドタオルが、
グショグショのベトベトになってしまったのん。


☆ ソフィーはブログランキングに参加中~ 
1日1回応援クリックしてもらえたら幸せデス ☆


ソフィーの絵~は描けたん? (by ソフィー) やっとこデッサン半分 ≡≡≡ヘ(*--)ノ  
 ←応援ポチッとしてもらえたら嬉しいのん♪ 
  人気ブログランキングへ 

今日もソフィーに会いにきて下さってどうもありがとう。
応援クリック&温かいコメントが毎日励みの1人と1匹暮らしデス。






[ 2013/03/14 23:44 ] 趣味のはなし | TB(0) | CM(14)

ごめんなさい。

こちらのコメントでやるせない憤りを
お伝えしたかったのですが
怒りなどと感情に任せた言葉を使ってしまい
マルコさんの温かいブログにふさわしくない
言葉で表現してしまいました。
申し訳御座いませんでした。
反省しております。m(_ _)m
[ 2013/03/16 23:42 ] [ 編集 ]

e-69皆さんコメントありがとうございます♪
今後も絵画展が続くように、
たくさんの方が観に行って下さるといいなと思います。
できれば動物に縁のない方たちが偶然見て、
知ってくれれば良いのですが。。。
神戸の会場は百貨店の画廊で、上の階のしかも奥まった場所にあり、
ワタシが見過ごしただけかも知れないけど、
看板も出ていなかったんですよね。
ゆたさんの偶然は本当にすごいことでしたね。
わんちゃんとおばあちゃんも、ゆたさんに見てほしかったのかな・・・とか。

津波から飼い主さんと必死で逃れて助かったのに、
避難所でのストレスと食料不足で亡くなってしまったわんちゃんもいました。
ノアの箱舟じゃないけど、災害のときこそ、
生きものすべてが同じ船に乗り込む権利があればと。。。
せめて人も動物もみんな同じ命と、みんなが思ってくれていたら、
少しは変わっていくのかなと思いますけれど。
本当にむずかしいことですね。

色々書きたいのですが、なかなかうまく言葉がでてきません。
ごめんなさい。

皆さんの優しい気持ちのこもったコメントに涙でました。
ありがとうございました。

[ 2013/03/16 01:40 ] [ 編集 ]

はじめまして。ゆたと申します。いつもかわいいソフィーちゃんに癒されてこちらにお邪魔させていただいております。
今回初めてコメさせていただきます。

わたしもこちらの地方に絵画展が来たときの涙涙でした。

仕事の帰りにいつもと通る道ではなく、たまたま反対の道路を道を通ったら、ふと看板に目がとまり中に入り、一枚一枚見て回っていたのですが、ある絵の前にきたら、涙がとまりませんでした。・・・・もしかして・・・・とてもお世話になった方のわんちゃんだったのです。 
もう二年ぐらい会っていなかったのですが、沿岸部のためにわんちゃんのこと心配してました。人伝えには津波に・・・とは聞いていたのですが・・聞くのが怖くて怖くて連絡はしませんでした。
その晩・・・連絡しました。やはりそうでした。
「おばあちゃんと一緒・・いつも一緒だから・・だからいいんです」と。その言葉を聞いた途端、涙があふれました。どんなに怖かったんだろう。どんな思いだったんだろう。もう考えるだけで・・・
大好きなおばあちゃんと一緒だんだね。と。
あの日、展示が最終日で、いつもの道ではなく反対の道で通ったという偶然が重なったのは、きっと導いてくれたのかなと。
ほんとうに一枚一枚の絵からはそれぞれの家族の方々の愛情あふれる気持ちが伝わりました。
我が家にもワン達がいます。天使になったわんちゃんたちの分も小さな幸せを見つけていきたいと思います。

これからもソフィーちゃん応援してます。
[ 2013/03/15 22:16 ] [ 編集 ]

ねねっぺ、情報ありがと。今ドッグフード1袋やけど寄付してきたよ。まだまだ苦しんでる子ぉらがいてるんやよね。

ところで、あのAmazonの欲しいものリストって便利やね。送るのんに必要な相手先情報が全部入ってるから、今買えるもん選ぶだけで風邪ひいて出られへん私でも送れたよ。
[ 2013/03/15 22:10 ] [ 編集 ]

アタシも目から水が出るタイプだな~…。

あのね、こんな団体があるの知ってる?
「311残された犬猫後方支援の会」 shien311.exblog.jp/
もし関心があったらちょっとのぞいてみて。

「お金で寄付を」って思うと、ある程度まとまった金額じゃないと
いかんのちゃう?って躊躇しちゃうけど、物資だったら、
たとえば喫茶店でコーヒーとケーキ食べるの1回我慢したら、
フード1袋くらいなら送れるかもしれないよねって思ったの。
今月はもう他の団体に荷物送っちゃってビンボーなので、笑
来月はなんとか少しだけでも物資送ってみようかと思ってる。

※マルコさん、勝手なこと書いてゴメン。
 もしあかんかったら、このコメント削除してね。
[ 2013/03/15 21:28 ] [ 編集 ]

ランランママさんあんがと
今し方、ゆっくりとHPへ行ってきました(;(00);)
是非行ってみたい絵画展ですぅ 行かれるといいけどぉ
_〆∑( ̄(oo) ̄ ) バスタオル ジサン...

>好きな絵本・童話作家さん達の原画が観られて、嬉しかった~。
ふふっ よかったねぇ。生絵♪最高よねぇ♪
ソフィーちゃんの絵の筆もこれからどんどん進むでしょ~ ←プレッシャー
[ 2013/03/15 19:23 ] [ 編集 ]

私も「震災で消えた小さな命展1・2」のHP、
そしてブログを観てきました。
命展1の方に掲載されていたお手紙と作品を
目にした時は涙がとまりませんでした(つд;*)

『人も動物もみんな同じ命 』
本当にそう思います。
震災でとても大切な子を亡くされた方達の悔しさや
悲しみを思うと胸が苦しくなります。

>すぐそばにある笑顔、幸せを今日も噛みしめよう。
マルコさんのこの言葉が胸に響きました。
何気ない日常、あたりまえの日々であってもそれも幸せ。
ブログ訪問でソフィーちゃんに癒やされている私もまた幸せ(*^-^*)
[ 2013/03/15 18:32 ] [ 編集 ]

わたしも、こわくてみられないかもしれません・・・。
胸が苦しくなってしまうので悲しい出来事から
目をそむけてしまいがちです。

先日テレビで
伝える13「さいかい~東日本大震災、その時ペットは」
という番組が放送されていました
おそるおそるところどころ見ました・・・
一応録画して改めて見ようかと・・・。

ご主人は仕事先にいたので
奥さんはご主人がかわいがっていたマックという
ミニチュアダックを抱えて逃げたそうです。
ご主人とは別々の避難所生活でした。

プライバシーがなくストレスの環境だったそうです。
ほとんどの避難所では動物が入る事は出来ず
飼い主にとっては家族同然でも
不特定多数の人間の中ではたんなる動物だったのです。
動物を飼われている方は避難所の付近で世話をしようと
しましたが「においが気になる」「鳴き声がうるさい」
などの苦情が絶えなかったそうです。
食料も行き届かない状況ではえさをやる事さえ
非難の的になっていたそうです。

と番組で語っていました。

なれない環境とマックへの苦情に奥さんは絶える事が出来ず
知人にマックをすてるよう頼んだそうです。
山にすててしまいました・・・。
奥さんの気持ちは申し訳ないけれどわからなくて
少し怒りさえ覚えたけれど・・・
優しいボランティアの方に無事に保護されていました。

家族はさいかいする事が出来ました。
マックは歳で少し目も耳も悪そうでしたが
それでも飼い主のにおいをかぐと「くぅんくぅん」いって
しっぽをふって喜んでいました。

飼い主に裏切られたのにそれでも飼い主を信じ従順で寛容で
なんてけなげでいじらしい、いとおしいいきものなんでしょう。

これはほんの一例で幸せな結末でしたが
もっと悲惨な現状だったかと思います。

世界中のわんこ、にゃんこ、動物たちが幸せになる事を祈ります。

[ 2013/03/15 16:05 ] [ 編集 ]

。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。クヤシイネ
[ 2013/03/15 15:55 ] [ 編集 ]

感謝せえへんとね

おばたん、こういうのん見られへんの。もうボロボロに泣いてしまうから。ホンマに人でもワンコやニャンコでも他の動物でも、命の重さに変わりはない。どんな時でもそれを忘れへんようにしたい。

ソフィーたんや他のワンコさんのしああせな日常に毎日会える楽しみに感謝やね。
[ 2013/03/15 11:26 ] [ 編集 ]

追記!

あのね。
「震災で消えた小さな命展1」「震災で消えた小さな命展2」のHP・ブログ等観る方も バスタオルが必要です!マルコさん同様 タオルがベトベトになるので くれぐれもご用心ください!
「震災で消えた小さな命展1」の方に お手紙と作品が掲載されていました。
[ 2013/03/15 11:20 ] [ 編集 ]

うんうん。私もブログ読んで水出てきた。すっかり蛇口が緩んでてさぁ(;^_^A
子分さん~♪マルコさんがリンクしてくれた「震災で消えた小さな命展2」に会場と日程が掲載されてたよ~♪近隣県で開催される予定みたいだよ。
こっちは 開催予定ないみたいだなぁ( TДT)
あっ!マルコさん!タオルはバスタオルの方が いいのかな?

観に行けないけど 開催が続けられるよう 自分の出来ることをさせて貰いますね(*'-'*)エヘヘ

デッサン半分…モデルが良すぎると時間かかるのよね~(ノ∇≦*)
[ 2013/03/15 10:46 ] [ 編集 ]

なんか…ブログ読んだだけで泣けてきたゃうなぁ(;(OO);)
私も行きたいなぁこちら地方にくるかなあ…
ソフィーちゃんの絵頑張ってねU^ω^U/\(^(OO)^)
[ 2013/03/15 00:54 ] [ 編集 ]

ママたん素敵な絵画展に行ってこられたのですね、命はみんな平等ですもんね! 
消えてしまった小さな命、忘れないであげたいです。ママたんも出展するソフィたんの絵頑張って下さい!すごーーーく楽しみにしてます!
[ 2013/03/15 00:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aksoffy.blog98.fc2.com/tb.php/2210-0440be31